奈良風俗求人とAV女優

奈良風俗求人に応募して働くAV女優

ここでは今までAV女優として働いていた私が、奈良風俗求人に応募して働き始めたときのことや講習を受けたときのことを書いています。

条件に合った奈良風俗求人を発見

私は地元に戻り仕事を探すため無料風俗情報誌を手にしました。そこには奈良風俗求人が多数敬愛されています。今まで私は風俗で働こうなんてことは一切考えていません。これまでAVとかにありそうな経験を重ねて、それが嫌になっていたからです。でも何をやっても上手く行かない状況を考え、「むしろ私の方からいやらしいことをして、お金が入る道に進むのも良いかも」 と逆転の発想をしてみることに。

奈良風俗求人の中で、住んでいたところから離れている、顔を出さなくても働ける、本番をしないでよいを候補にして風俗店を絞りました。その中で遠くに呼ばれることも多いデリヘルで、顔を出さずアリバイ会社もある今の店を選んだのです。選択は正解でした。奈良風俗求人に応募して面接をしたときから、面接官が私を絶賛店のページには顔を隠した写真を出しましたが、水着を着ていたため私のスタイルを見たお客から多くの指名がきました。

接客をしながらコンプレックスを解消


お客さんは地元の人よりも、出張で来たサラリーマンなど私を知らない人が多く笑顔で楽しく接客することができました。そんな気持ちが相手に伝わり、またAVのときにコンプレックスだった身体も良い評価を受け私は店の中でも指折りの人気嬢に。常連客はもちろん店の同僚女性やスタッフとの関係も良好で、今はまるで小学生の頃のような毎日を送り風俗バイトをして良かったと思っています。

ためになる講習を受ける


まだ働くか決めかねていた頃、面談後にお店のスタッフの中でも一番偉い店長が相手をしてくれて丁寧に講習してくれました。地元のデリヘルを利用するお客様には自分がリードしたいタイプと女の子に身を任せるというタイプのお客様の2種類がいるといいます。前者の場合にはシャワー前にキスをしてくる可能性もあるので不快にならないようにシャワーへと誘導する方法。後者の場合にMだったり女性が苦手など様々なお客様がいるので相手の様子をよく観察して、Mだったら強気な態度、女性が苦手だったら優しく接してあげるなどの事を学びました。

判断が付きにくかったら風俗履歴や恋愛履歴を会話の中で聞き出して判断するという方法もアリだと教わったのです。このように風俗嬢としての立ち振る舞いを主に講習では教わり、テクニック面は教わらなかったです。それは今までのAV経験も関係していたかもしれません。風俗未経験の女の子は初心な方が喜ばれる場合が多いので、風俗嬢として働くお店の方針でテクニックは教えないで禁止事項だけ教えてお客様の下へと向かわせるとのことです。それが奈良風俗求人で応募したお店でした。